CULTURE 働かない制度

就業時間内の最大20時間を、『スキルアップを目的とした』業務外の勉強や趣味、副業にあてることができます。

当社は、それぞれの個性を大事にしたいという経営メンバーの思いから、『会社公認 働かない制度』を導入しました。

社員の強みを伸ばすだけでなく、お客様の期待に応えるための広いアンテナと柔軟な思考を育てるた め、社員みんなで新しい働き方を模索しながら、様々なことにチャレンジしやすい環境づくりにも力をいれております。会社という組織を作っている以上、単なる個人(プロ)の集まりであっては意味がな いと考えております。スタッフ同士が刺激を受けあいながらお互いに成長し、さらにスタッフ自らの成長が会社の成長となり、また逆に会社の成長がスタッフの成長にもつながる...そのような会社を目指しております。

01副業や社外活動を推奨する理由

どんな職種であれ社外での経験は必ず仕事に繋がって来る、という考え方。

エンジニアが友人のベンチャーを手伝い経営センスを養えば強力な武器になるかもしれません。管理業務の社員が趣味の活動を通して新たな発見をするかもしれません、さらにサポート業務でも社外の様々な人と接することによって、質の高いサポートに繋がる可能性も...このように社外での活動を通して、仕事へ繋がるスキルを得ることを目的とした制度です。

02制度利用の例

実際に働かない制度を利用している人数 約35人

副業や趣味、習い事まで様々な活動で利用されています。

大学に通う 家業の手伝い 動画作成(MV制作) フィギュアスケート
自作アクセサリーの
オンラインショップ運営
銅版画制作 英会話教室
月20時間「副業OK」の理由とは?
フューチャースピリッツの狙いと成果
京都のIT企業が、毎月20時間を自由に使える
「会社公認 働かない制度」を開始!時間内で副業もOK