内定者インタビュー

※2017年10月時点の情報に基づいています。

「大学のキャリアセンターだけでなく地元の就職サポートを活用しながら、履歴書作成を乗り切りました。」

西村 紗友里さん
経済学部 経済学科

就職活動に関して

いつ頃から就職活動を始められましたか?

9月の短期インターンシップに参加するところから始めました。
業種などは全く絞らずに、クレジットカード会社や建築関連会社など計5.6社に参加させていただきました。
企業研究というよりかは、業界研究として参加したので、様々な業界を早く知るという点では絞らずに参加してよかったなと思います。

企業選びの「軸」にしていたのはどんなことですか?

始めは実家から通える距離で仕事をしたいと考えていたので、出身地である滋賀の企業を探していました。
職種に関しては、表に立って引っ張っていくようなものよりかは陰ながら企業を支え、その発展に貢献できるものと思っていたので、それが可能な事務職に絞り、進めていきました。
その中で、絞りすぎて行き詰ってまった時があり、もっと広い視野で就職活動がしたいと考え、京都で通勤が可能な企業も検討して進めていきました。

大変だったことは何ですか?

履歴書を完成させることが大変でした。
長所や学生時代に一番力を入れたところなど自分のアピールポイントを書くことが苦手で、考えても考えても上手く書けなかった時がありました。
その時、たまたま地元に新卒向けの就職サポートセンターがあることを知り、直接アドバイザーの方に添削していただいき、何とか完成させることができました。
大学の就職課を利用することに少し抵抗があったので、このサービスにはすごく助けられましたね。


フューチャースピリッツに関して

当社の第一印象はいかがでしたか?

説明会で初めて本社を訪れた際に、オフィスがすごく綺麗だったのが印象的で・・・私もこういうところで働いてみたいと思いました! 

当社の選考で他社との違いはありましたか?

面接の雰囲気が全く違いました。色々な企業様の面接を受けていると、自己PR、志望動機など淡々と「質疑応答」を繰り返すものばかりでした。
しかし、御社は「対話」のような感覚で自分の思っていることや話したいことを聞き出してくれるような面接でした。 グループ面接の時に最初に「好きな歌手はなんですか?」と聞かれ、そこから一緒に受けていた学生の皆さんとも打ち解けられて、その後の面接の雰囲気ががらっと変わりました。 面接官の方のお心遣いが感じ取れるような面接だったと思います。

「働かない制度」を使うとしたら、どのように活用したいですか?

資格取得をするのが好きなので、今後も新しいものに挑戦したいという気持ちはあります。
ただ、今もっている検定のレベルアップにもチャレンジできたらいいなと思っているので、そちらに関しても勉強したいですね。

就職活動中の皆さんに一言メッセージをお願いいたします。

とにかく色々な企業を見ること。始めは滋賀の企業の特性上、メーカーの事務に絞って企業探しをしていたのですが、見れる企業が少なく行き詰ってしまうことがありました。その時に京都のほうにも目を向けてみると今まで全く見れていなかった分野の企業を知ることができ、自分の視野を広く持つことの大切さを学びました。絞ることも大切なことなのですが、あまり考えすぎず色々な業界を見て、自分の合うものを探してみてください。

国内グループ会社・出資先
  • 株式会社フューチャーヒット
  • 株式会社フューチャースピリッツ アジア
  • 株式会社フューチャーショップ
海外グループ会社・出資先
  • Future Spirits Malaysia Sdn. Bhd.
  • Future Spirits Thailand Co.,Ltd
  • Future Spirits Vietnam Co.,Ltd
  • 上海伯漢信息技術有限公司 Shanghai Bohan Information Technology Inc.
  • 江蘇東方易城網絡科技有限公司 DongFang Emall Network Technology Co.,Ltd
関係会社
  • e-agency