内定者インタビュー

※2017年10月時点の情報に基づいています。

「就活ノートで自分を励ましながら、楽しむことを前提に就職活動をしていました。」

大谷 知奈美さん
臨床心理学部 臨床心理学科

就職活動に関して

企業選びの「軸」にしていたことはどんなことですか?

まず、地元である京都で働きたいという気持ちが強かったので、業種や仕事内容ではなく、場所にこだわっていました。
就活がスタートする3月から京都で開催される合同説明会に参加しましたが、やりたいことがはっきりきまっていたわけではなかったので、食品や呉服、環境系など様々な業界の企業様のお話を伺いました。
その中でIT関連の仕事に将来性を感じるようになり、京都のIT業界に的を絞りながら、就活を続けました。

一番大変だったことは何でしたか?

企業研究に一番時間を費やしていました。
説明会でいただくパンフレットやホームページから情報を得て、企業理解に繋げ、エントリーシートの作成に活かしました。
また、大学の進路課の方に教えていただいたのですが、企業の社長の名前を検索にかけ出てきたインタビュー記事を読むことで、どういった思いで仕事をされているのかを知り、そこから志望動機に繋げていくことが出来ました。

就職活動中に何か工夫されてたことはありますか?

節々に自分が楽しくなれるようなことをするようにしていました。
就活用のノートを作っていたのですが、表紙の裏に自分を励ます言葉を書いて、選考の前にはそれを見るようにしていました。
また説明会でただ単にメモを取るだけではなく、聞いたときに自分の感想や直感なども素直に書くようにしていました。



フューチャースピリッツに関して

当社に応募しようと思ったきっかけは何でしたか?

企業研究の際に拝見した、社長のメッセージがきっかけでした。
阪神大震災をご経験されて「やりたいと思う時に行動を起こすこと」を大事にされていること、またそれが起業につながっていると知り、感銘を受けました。
行動を起こす大切さを、身をもって体感しておられるからできることなのだと感じ、私もそのお考えの元で働きたいと思い、志望しました。

選考の中で印象に残ったことは何ですか?

終始和やかな雰囲気で面接が進んでいったことが印象的でした。
緊張しすぎず、良い意味でリラックスしながらお話させていただける空気を作ってくださっているんだな、と感じました。

「働かない制度」を使うとしたら、どんな使い方がしたいですか?

IT関連に関してはほとんど知識がないため、とにかく勉強をしたい、と考えています。
また、京都の土地柄、外国の方と接することが多いので、英語の最低限の読み書きと会話ができるようになりたいです。

就職活動中の皆さんに一言メッセージをお願いいたします。

「考えるな、感じろ!」です(笑)
自分の進路なので、真剣に向き合わないといけないと思います。本気で取り組んだ分、受ける企業への気持ちが強いのも当然です。
でも、もし結果がだめだったとしてもそこは自分に合わなかったんだと受け止め、切り替えて次に進んでいく方がいいと思います。死ぬほど考え悩まなくても大丈夫です。

国内グループ会社・出資先
  • 株式会社フューチャーヒット
  • 株式会社フューチャースピリッツ アジア
  • 株式会社フューチャーショップ
海外グループ会社・出資先
  • Future Spirits Malaysia Sdn. Bhd.
  • Future Spirits Thailand Co.,Ltd
  • 上海伯漢信息技術有限公司 Shanghai Bohan Information Technology Inc.
  • 江蘇東方易城網絡科技有限公司 DongFang Emall Network Technology Co.,Ltd
関係会社
  • e-agency